【ドイツのお菓子】スーパーのおすすめランキング★随時更新

ドイツのお土産

ドイツ在住食いしん坊ライターが選ぶ、本当においしいお菓子やスイーツ、チョコレート。いつもスーパーで買っているオススメを紹介していきます。日々のおやつ時間が楽しみになりますように。

ドイツのスーパーは安くておいしいお土産の宝庫

海外旅行の最大の楽しみのひとつ、スーパーマーケットめぐり。現地の文化や普通の人々の暮らしが垣間見られてとても興味深く、おみやげ探しにも欠かせないスポットですよね。

ドイツで暮らす私が日々実感しているのが、「ドイツのスーパーは強い」ということ。

格安スーパーから高級スーパー、ビオスーパーまで様々な種類のスーパーがあって、特に海外でも広くチェーン展開しているディスカウントスーパーの強さは目を見張るものがあります。価格崩壊ぶりが問題視されたり、こんなに安くて色々と大丈夫なのだろうかと心配になることも多々あるのですが、ともかく、安くていいものの宝庫だということは間違いありません。

ここでは、ドイツのスーパー愛好歴10数年の私がふだんよく買っているお気に入りの商品を紹介していきたいと思います。まずはお菓子・スイーツ編。コロナ禍の規制で外出先はほぼスーパーのみ、という(私のような)生活が長く続いている方の、少しでも参考になったら嬉しいです。
食べることで日々の楽しみをつくっていきたいですね。

★随時更新していきます

ドイツのお菓子おすすめ1:キャラメルポップコーン・プレッツェル付き~今世紀最大のヒット!

いきなりのパワーワード失礼します。決して大袈裟ではなく、私にとっては(今のところ)今世紀一番のすばらしい発明(お菓子部門)なのが「ヴェルタースオリジナル(Werther’s Original)」が生み出した、プレッツェル付きのキャラメルポップコーン

キャラメル味のお菓子が大好きな私。とりわけ塩バターキャラメル味に目がなく、みつけると試さずにはいられないのですが、これまで色々と食べてきたなかで出会った最愛の一品がこちら。濃厚なキャラメルとプレッツェルの塩味のハーモニーが絶妙で、やめられない止まらない危険な美味しさなのです。プレッツェル×キャラメル×ポップコーンの組合せを考えた人、天才が過ぎる……どなたか存じませんがありがとうございます!

まわりにもすすめまくっていて、日本に一時帰国の際にもいつもお土産にするのですが、100%の確率でめちゃくちゃ大絶賛なので、私だけでなくみんな大好きな味だと思います!

ドイツのお菓子おすすめ2:チョコレートがけプレッツェル~甘じょっぱさが絶妙!

続いてもプレッツェルのお菓子。プレッツェルにチョコレートがコーティングされたSchocoBrezelnAlpiaは鮮やかなピンク色のパッケージでおなじみのチョコレートメーカー。スーパーに他の種類も並んでいますが、私はチョコプレッツェル一択です。

ドイツではプレッツェルだけのシンプルなスナック菓子もポピュラー。それもまたおいしいけれど、プレッツェルの塩味と香ばしさは、甘いものと合体することで想像以上の相乗効果を発揮するんですよね。この商品は中のプレッツェルにしっかり塩の粒が感じられて、しょっぱい×甘いのコントラストが絶妙。甘じょっぱい系のお菓子が好きな人に強くおすすめしたい逸品です。小さいスーパーには置いてないこともあるので、品揃えの豊富な大型スーパーで探してみるといいかもしれません(比較的EDEKAで発見率が高いです)

ドイツのお菓子おすすめ3:ライプニッツのビスケット~ドイツのNO1ビスケット!

ドイツで老若男女に愛されているビスケットの代名詞ともいえるのがこちら。黄色いパッケージでおなじみのライプニッツ(Leibniz)。ハノーファーに本社を置くお菓子会社バールセンが19世紀から製造している看板商品で、バターたっぷりの素朴で優しい味わいが魅力です。ドイツのスーパーには、定番のシンプルなビスケットから全粒粉ビスケット、チョコレート付きのタイプやクリームがサンドされたビスケット、ミニサイズのものや季節限定フレーバーなど様々なライプニッツ商品が並んでいます。私がよく買うのは、ココアビスケットにホワイトチョコレートがくっついたもの。ほろ苦いビスケットと濃厚な甘さのホワイトチョコレートの組合せが気に入っています。

伝説のクッキーモンスター事件:2013年、本社の金色のクッキー型看板が盗まれるという事件が発生。クッキーモンスターを名乗る犯人の要求は、指定病院に入院中の子どもたちへお菓子を贈る事と、犯人捜しの褒賞金を動物保護施設へ寄付する事。社長は犯人の要求以上の寄付をして一件落着となりました。犯罪には違いないのだけれど、なんだか心温まる事件ですよね。

ドイツのお菓子おすすめ4:リッタースポーツ~ドイツのNO1チョコレート!

意外かもしれませんが、ドイツはチョコレートの生産量・消費量ともに世界トップを争うチョコレート大国なんです。これまでに様々なチョコレートを食べてきましたが、個人的に好きでふだん一番よく買っているのは、リッタースポーツ。おいしさはもちろんのこと、常時20種以上もあるバリエーションの豊富さとパッケージや素材へのこだわりなど、その魅力を一度じっくり語り尽くしたく、記事にまとめてみました!おすすめの種類も紹介しましたのでぜひご覧くださいませ!
>>>【リッタースポーツ】ドイツのおいしいチョコレート!大人気の理由とおすすめの種類5選

リッタースポーツ ミニリッター パーティーボックス 1400g(84個) 1箱 【送料無料】

価格:3,973円
(2021/1/29 20:36時点)
感想(2件)

 

ハリボーのグミ~世界のNO1グミ

世界初にして最大のグミメーカー、ハリボーはドイツのボン発祥。ハリボーといえばカラフルなグミベアが有名ですが、じつは驚くほど多種多様なグミが作られているんです。その歴史や人気の秘密、私のオススメの種類などを記事にまとめました。これを読むとハリボーがもっと好きになるかも?

コメント

  1. […] のスーパー愛好歴10数年の私がふだんよく買っている、お気に入りの商品を紹介していきたいと思います。別の記事でまとめているお菓子・スイーツ編に続きまして、今回はドリンク編。 […]

  2. […] おすすめお菓子まとめ記事はこちら>>【ドイツのお菓子】スーパーのおすすめランキング […]

タイトルとURLをコピーしました